陶芸をはじめませんか。オーブン陶芸は窯の代りにオーブンで焼きあげる陶芸です。自宅で手軽に陶芸が楽しめオーブン陶芸の作り方を紹介しています。
オーブン陶芸の作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

はじめに

オーブン陶芸の作り方ブログへの訪問ありがとうございます。

陶芸を自宅でするには専用の窯が必要でしたが、オーブン陶芸は窯の代りに
専用の粘土で成形したものを、家庭用のオーブンで焼きあげる陶芸です。
窯を使わないので陶芸を始めるための初期費用が、とっても少なくて済みます。

このブログではオーブン陶芸の基礎知識や作り方、陶芸教室に通わずに
安い費用で自宅で陶芸が学べる、陶芸の通信講座をご紹介しています。


オーブン陶芸の作り方 記事一覧
(青い文字をクリックするとそのページへ移動します)

オーブン陶芸の基礎知識
オーブン陶芸とは
オーブン陶芸に必要な道具
オーブン陶芸の用語集
オーブン陶芸の釉薬とオーブン陶芸粘土について
オーブン陶芸をする時の注意点

オーブン陶芸の作り方
オーブン陶芸基本の作り方
オーブン陶芸の作り方 成形のポイント
オーブン陶芸の作り方 乾燥と焼成・再焼成について
オーブン陶芸の作り方 装飾技法

オーブン陶芸実例集
オーブン陶芸作品 ごはん茶碗
オーブン陶芸作品 マグカップ
オーブン陶芸作品 湯のみ茶碗

本格陶芸講座
陶芸を通信講座で覚える本格陶芸講座
本格陶芸講座の内容その1
本格陶芸講座の内容その2
本格陶芸講座のQ&A
スポンサーサイト
  1. |
  2. 未分類

本格陶芸講座のQ&A

現役陶芸作家、伊藤珠子先生の本格陶芸講座の受講を考えていらっしゃる方達から
寄せられた質問をまとめています。本格陶芸講座とは

Q:本格陶芸講座はどういった人を対象にしていますか?

A:陶芸の初心者の方を対象にしています。年齢や性別関係なく、楽しく学べる
内容になっています。伊藤先生の教室に来られる方も、20代~60代と幅広い
方が来られて陶芸を習得されています。

Q:毎日陶芸をしないといけませんか?

A:その必要はありません。自分のペースで、自分が作りたいものから始めても
楽しく上達できる講座になっています。平日の時間がある時にテキストを読んだり
DVDを見て、週末の時間のある時に実践してはどうでしょうか。

Q:DVDはどんな内容ですか?

A:講座で取り上げている陶芸作品について、全て実演しています。
* 講座を安くするために家庭用のデジタルビデオで撮影されているため、画質や
音質が、ほんの少し良くない所があります。画質や音質、編集に質の高いものを
求める方は購入を控えた方がいいと思います。

Q:陶芸用品はついていますか?

A:付いていません。

Q:申し込み方法と支払い方法を教えてください?

A:インターネットの申し込みの他に、電話・FAXでのお申し込みができます。   
申し込みボタンを押した後の案内にそって、好きな方法を選べます。支払い方法は、
代金引換決済、クレジットカード決済の2種類です。クレジットカードは分割払い
ができます。

伊藤珠子先生の本格陶芸講座の申し込みは 本格陶芸講座公式サイトから。


  1. |
  2. 陶芸通信講座について

オーブン陶芸基本の作り方

オーブン陶芸を作る基本は、成形・乾燥・装飾・焼成・再焼成 という5つの工程があります。

1.成形
オーブン陶土は土を練る必要がないのが特徴です。袋からだしたらすぐに作品を
作ることができます。陶芸の初心者がいきなりロクロを回すのは難しいので、
最初は粘土遊びの感覚でできる手びねりという方法で形を作ります。

手びねりには、粘土を玉形に丸めて指で全体の形を整えていく方法、粘土をひも状
にしたものをグルグル積み上げていく方法、板状にした粘土で形を作る方法などが
あります。

2.乾燥
作品の形が出来たら風通しのよい場所において作品を乾燥させます。
季節や天候によって違ってきますが、だいたい4日~1週間
目安になります。

3.装飾
作品が乾燥したら次は装飾です。化粧土を塗ったり、藍やアクリル絵の具を使って
色をつけたり、作品を削に模様をつけます。模様をつける時は粘土が半乾きの状態
の方がやり易いです。

4.焼成
模様をつけたり絵付けが終わって作品が完全に乾いたら、オーブンで焼きます。
作品の大きさや厚みによって違ってきますが、オーブンの温度は160~180℃
焼き時間の目安は20~50分です。

5.再焼成(食器として使う場合だけ必要です)
食器として使用する作品にはコーティングが必要です。
コート剤を塗ってから再び焼成を行えば完成です。再焼成はコート剤Yuを塗った後、
Yuが完全に乾いたらオーブン100~120℃15~30分ほど加熱すると出来上がりです。

本格的な器を作ってみたいと思ったら、陶芸作家に教わりませんか。
オーブン陶芸で作る本格的な器の作り方を、現役の陶芸作家が教えて
くれます。




  1. |
  2. オーブン陶芸の作り方
 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。