陶芸をはじめませんか。オーブン陶芸は窯の代りにオーブンで焼きあげる陶芸です。自宅で手軽に陶芸が楽しめオーブン陶芸の作り方を紹介しています。
オーブン陶芸の作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

本格陶芸講座のQ&A

現役陶芸作家、伊藤珠子先生の本格陶芸講座の受講を考えていらっしゃる方達から
寄せられた質問をまとめています。本格陶芸講座とは

Q:本格陶芸講座はどういった人を対象にしていますか?

A:陶芸の初心者の方を対象にしています。年齢や性別関係なく、楽しく学べる
内容になっています。伊藤先生の教室に来られる方も、20代~60代と幅広い
方が来られて陶芸を習得されています。

Q:毎日陶芸をしないといけませんか?

A:その必要はありません。自分のペースで、自分が作りたいものから始めても
楽しく上達できる講座になっています。平日の時間がある時にテキストを読んだり
DVDを見て、週末の時間のある時に実践してはどうでしょうか。

Q:DVDはどんな内容ですか?

A:講座で取り上げている陶芸作品について、全て実演しています。
* 講座を安くするために家庭用のデジタルビデオで撮影されているため、画質や
音質が、ほんの少し良くない所があります。画質や音質、編集に質の高いものを
求める方は購入を控えた方がいいと思います。

Q:陶芸用品はついていますか?

A:付いていません。

Q:申し込み方法と支払い方法を教えてください?

A:インターネットの申し込みの他に、電話・FAXでのお申し込みができます。   
申し込みボタンを押した後の案内にそって、好きな方法を選べます。支払い方法は、
代金引換決済、クレジットカード決済の2種類です。クレジットカードは分割払い
ができます。

伊藤珠子先生の本格陶芸講座の申し込みは 本格陶芸講座公式サイトから。


スポンサーサイト
  1. |
  2. 陶芸通信講座について

本格陶芸講座の内容その2

伊藤先生の本格陶芸講座の内容をご紹介しています。
本格陶芸講座は第1章~10章で10種類の作品を作るように
なっています。

本格陶芸講座の第1章~第5章の講座内容はこちらです。 本格陶芸講座の内容その1

伊藤先生の「本格陶芸講座」の内容

本格陶芸講座第6章 「アロマキャンドル」
第3章で学んだタタラ作りの応用です。装飾は第1章で登場した「しのぎ」を用いています。
削り方次第で完成イメージが随分変わりますよ。彩色は、掻き落しで輪郭を描いた後、アクリル
絵の具で仕上げます。

本格陶芸講座第7章 「大鉢」
この章では「練り込み」に挑戦します。練り込みはシンプルな模様から複雑に混み入った模様
まで幅広く表現できる技法です。一度やってみるとやみつきになるかも知れませんよ。

本格陶芸講座第8章 「コーヒーカップ」
いよいよ電動ロクロに挑戦です。オーブン陶土「ロクロ」は本陶芸の土の感触に近く、将来的に
本陶芸を学びたいとお考えの人にはとてもいい練習材料となります。

伊藤先生の本格陶芸講座の内容をご紹介しています。

本格陶芸講座第9章 「大皿」
ひきつづき電動ロクロを使った成形を学びます。今回は大きな作品に挑戦です。
どのようにしたら大きく粘土を広げていくことができるのか、付属DVDを見ながらイメージを
掴んでいきます。装飾は藍を用いて全面に模様を描いていきます。

本格陶芸講座第10章 「余った粘土の有効活用」
作品を作って余ったオーブン粘土を使って、小 皿、箸置き、お香立てを作ります。

一つ一つの作品はすべて、大きな写真で手順がわかるようになっていて、写真の横に
作業の方法と注意点、初心者が失敗しやすいポイントや、作品をアレンジする場合の
アドバイスも書いてあります。

伊藤先生の本格陶芸講座はこちらで申し込めます。本格陶芸講座公式サイト

  1. |
  2. 陶芸通信講座について

オーブン陶芸講座の内容紹介その1

オーブン陶芸で実際に作品を作りながら陶芸の基本を学ぶ、本格陶芸講座の内容
ご紹介します。本格陶芸講座は第1章~10章で10種類の作品を作るように
なっています。

伊藤先生の「本格陶芸講座」の内容

本格陶芸講座第1章 「湯のみ」
オーブン陶芸講座で最初に作るのは湯のみ茶碗です。手びねりの中でも、もっとも初歩的な
「玉作り」に挑戦します。装飾は、「しのぎ」「藍彩色」を学びます。

本格陶芸講座第2章 「飯 椀」
ご飯茶碗を作ります。第1章で学んだ玉作りを発展させ、手回しロクロを使った水引きに
挑戦します。装飾には化粧土「白」を塗りますが、その際刷毛の跡をわざと残す「刷毛目」
を施して。さらにくしを使って模様を描くことにもチャレンジします。

本格陶芸講座第3章 「マグカップ」
タタラ板を使ったタタラ作りに挑戦です。均一な厚さにのばした板状の粘土を型にあてて
成形します。装飾では、掘った模様に化粧土を塗り込む象嵌(ぞうがん)にチャレンジします。

伊藤先生の陶芸講座の内容をご紹介しています。

本格陶芸講座第4章 「植木鉢」
ひも作りの登場です。マスターしておくと、大小様々な形を自在に成形できるようになります。
装飾方法はとても簡単な印花を施します。

本格陶芸講座第5章 「オリジナル花器」
第4章にひきつづき、ひも作りです。この章では細いもの、高さのあるものに挑戦します。
細くて内部に手を入れられないような作品の扱い方を学びます。装飾では、粘土象嵌が登場
します。

第6章~第10章の内容 オーブン陶芸講座の内容紹介その2

一つ一つの作品はすべて、大きな写真で手順がわかるようになっていて、写真の横に
作業の方法と注意点、初心者が失敗しやすいポイントや、作品をアレンジする場合の
アドバイスも書いてあります。

伊藤先生の本格陶芸講座はこちらで申し込みができます。本格陶芸講座公式サイト


  1. |
  2. 陶芸通信講座について

陶芸を通信講座で覚える本格陶芸講座

陶芸を覚えたいけど仕事をしていると陶芸教室に通うのは難しいですよね。それに
陶芸の基本を一通り教わろうと思うと受講料もかなり高くなってしまいます。

あまりお金をかけずに、自分の空いた時間に陶芸を覚えたいという方に、自分が受講
して良かったと思えた、陶芸の通信講座をご紹介します。

現役の陶芸作家、伊藤珠子先生の本格陶芸講座です。

本格陶芸講座は10の作品作りを通じて、手びねりや電動ロクロの使い方、絵付けなど、
陶芸の基礎テクニックが学べるDVD付きの通信講座です。

私は陶芸の本や雑誌をみながら、自己流でオーブン陶芸を楽しんでいたんですが、
もう少し本格的にやってみたくなり、本格陶芸講座を受講しました。

通信講座といっても毎月教材が届くわけではありません。最初に全ページカラーの
テキスト(222ページ)とDVD3枚組(4時間40分)が届きます。

10作品の中から作りたいものを自分で決めて作るので、作品を作る順番も
ありません。どの作品から作り始めてもいいですよという通信講座です。

「陶芸の勉強をしているというより、好きな物を手順通りに作っていたら、
陶芸の基本がわかるようになっていた」私は本格陶芸講座を受講してそう思いました。

陶芸は知識をためこんで始めるより、作品を作りながら覚えていったほうが
上達が早いですね。

伊藤先生の陶芸講座はコチラで申し込めます。→ 本格陶芸講座公式サイト

  1. |
  2. 陶芸通信講座について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。