陶芸をはじめませんか。オーブン陶芸は窯の代りにオーブンで焼きあげる陶芸です。自宅で手軽に陶芸が楽しめオーブン陶芸の作り方を紹介しています。
オーブン陶芸の作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

オーブン陶芸基本の作り方

オーブン陶芸を作る基本は、成形・乾燥・装飾・焼成・再焼成 という5つの工程があります。

1.成形
オーブン陶土は土を練る必要がないのが特徴です。袋からだしたらすぐに作品を
作ることができます。陶芸の初心者がいきなりロクロを回すのは難しいので、
最初は粘土遊びの感覚でできる手びねりという方法で形を作ります。

手びねりには、粘土を玉形に丸めて指で全体の形を整えていく方法、粘土をひも状
にしたものをグルグル積み上げていく方法、板状にした粘土で形を作る方法などが
あります。

2.乾燥
作品の形が出来たら風通しのよい場所において作品を乾燥させます。
季節や天候によって違ってきますが、だいたい4日~1週間
目安になります。

3.装飾
作品が乾燥したら次は装飾です。化粧土を塗ったり、藍やアクリル絵の具を使って
色をつけたり、作品を削に模様をつけます。模様をつける時は粘土が半乾きの状態
の方がやり易いです。

4.焼成
模様をつけたり絵付けが終わって作品が完全に乾いたら、オーブンで焼きます。
作品の大きさや厚みによって違ってきますが、オーブンの温度は160~180℃
焼き時間の目安は20~50分です。

5.再焼成(食器として使う場合だけ必要です)
食器として使用する作品にはコーティングが必要です。
コート剤を塗ってから再び焼成を行えば完成です。再焼成はコート剤Yuを塗った後、
Yuが完全に乾いたらオーブン100~120℃15~30分ほど加熱すると出来上がりです。

本格的な器を作ってみたいと思ったら、陶芸作家に教わりませんか。
オーブン陶芸で作る本格的な器の作り方を、現役の陶芸作家が教えて
くれます。




関連記事
  1. |
  2. オーブン陶芸の作り方
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。