陶芸をはじめませんか。オーブン陶芸は窯の代りにオーブンで焼きあげる陶芸です。自宅で手軽に陶芸が楽しめオーブン陶芸の作り方を紹介しています。
オーブン陶芸の作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

オーブン陶芸とは

オーブン陶芸は、「ちょっと陶芸をやってみたい」、「趣味で陶芸をはじめたい」
と思った時に気軽にはじめられる陶芸です。

陶芸体験をやってみると分かりますが、陶芸は、土の状態から成形や装飾をして乾燥させた後に、とても高価そうな陶芸の専用窯を使って8時間以上の焼成が必要なので、気軽に素人が出来る趣味ではありませんでした。

オーブン陶芸は専用の粘土(オーブン陶土)を使うことで、窯の代りに家庭用オーブンで短時間で焼きあげることができる陶芸です。

「オーブンで焼いた器なんて実用的じゃない」と思うかも知れませんが、作ってみるとオーブン陶芸の作品は実用的な強度があり、コート剤を塗れば食器としても使えます。それに藍やアクリル絵の具で絵付けもできますので、陶芸の楽しさを充分に味わえます。

オーブン陶芸は土ではなく専用の粘土(オーブン陶土)を使いますが、丸めた粘土を指先で好きな形に作りあげていく手びねりだけではなく、電動ロクロを使って本格的な陶芸と同じ手法でも作品が作れます。ロクロも使えるオーブン陶土は、本陶芸のコツを掴むトレーニングとしても役立ちます。


関連記事
  1. |
  2. オーブン陶芸の基礎知識
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。