陶芸をはじめませんか。オーブン陶芸は窯の代りにオーブンで焼きあげる陶芸です。自宅で手軽に陶芸が楽しめオーブン陶芸の作り方を紹介しています。
オーブン陶芸の作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

オーブン陶芸をする時の注意点


オーブン陶芸は誰でも気軽にできる陶芸ですが注意したいことがいくつかあります。注意点をまとめましたので、必ず守ってオーブン陶芸を楽しんでください。

オーブン陶芸に使うオーブンは、必ず温度調節機能のあるものを使う。
オーブン陶芸は160~180度の温度で焼き上げます。温度設定ができないオーブンやオーブントースター、電子レンジ、スチームオーブンは使用できません。オーブントースターで試したりしないようにして下さい。

作品をオーブンに入れる時は、オーブンの上部ヒーターから5センチ以上作品を離す。
作品がヒーターについていなくても、オーブンで焼いている途中は独特の匂いがすることがあります。焼成(しょうせい)中は必ず換気を行うようにして下さい。

オーブンにたくさん詰め込まない。
オーブンにたくさん詰め込みすぎると焼きムラを起こす原因になります。適度な余裕を持たせて焼いて下さい。それから、焼成(しょうせい)中にオーブンのそばから離れるのはNGです。オーブン陶芸に慣れても焼成(しょうせい)中に外出などしないようにして下さい。

火傷に注意しましょう。
オーブン陶芸は、小さなお子様からご高齢の方まで楽しめますが、焼き上がったばかりの作品は大変熱くなりますから、取り扱いには十分注意してください。


関連記事
  1. |
  2. オーブン陶芸の基礎知識
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。