陶芸をはじめませんか。オーブン陶芸は窯の代りにオーブンで焼きあげる陶芸です。自宅で手軽に陶芸が楽しめオーブン陶芸の作り方を紹介しています。
オーブン陶芸の作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

オーブン陶芸の作り方 乾燥と焼成

オーブン陶芸の作品を作るまでの流れはこちらです。オーブン陶芸基本の作り方  このページはオーブン陶芸の乾燥と焼成について書いています。

オーブン陶芸の乾燥
オーブン陶芸の乾燥期間は作品、季節や天候によって変わってきますが、4日
~1週間が目安となります。

作品を乾燥させる場所は風通しのよいところなら室内でも構いません。乾燥すると
粘土の色が白っぽくなってきます。乾燥中はほったらかしておくと乾燥ムラがでる
ことがあるので、気をつけましょう。

オーブン陶芸の焼成
オーブン陶芸の焼成は160~180℃の温度で、20~50分が目安です。
オーブンの天板にはアルミホイルを引いて、その上に作品を置きます。
焼き過ぎると作品の色が濃くなってきて焦げますので、焦がさないように
上手に焼きましょうね。

綺麗に焼き上げるコツは、低めの温度から焼き始めることです。

オーブン陶芸の再焼成
食器として使用する作品にコート剤を塗って、再び焼成を行えば完成です。
焼成後完全に冷めてから、刷毛や筆でコート剤を塗布します。花瓶などには
コート剤を直接注ぎ入れて全体に行きわたらせてコート剤を戻します。

コート剤が完全に乾いたら、今度は100~120℃のオーブンで15~30分ほど
加熱したら完成です。

オーブン陶芸の作り方 成形のポイント

オーブン陶芸をする時の注意点
関連記事
  1. |
  2. オーブン陶芸の作り方
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。